不妊症の原因は何ですか?

不妊症の原因は何ですか?

不妊症の原因は一体どこに?あの人と何が違うの?


d996e20fe43997234329aabee15af2f5_s

不妊症はどういったものを指すのでしょうか?まず、赤ちゃんが欲しいと思って夫婦生活があり、2年以内に妊娠ができない場合、不妊症と呼ばれることとなります。

通常夫婦の90%が2年以内に妊娠するからだという例に基づいて出された結果となります。妊娠したことはあるが、その後2年間妊娠しない場合は続発性不妊と呼ばれます。

不妊症の原因について色々と言われていますが、けしてママのせいではありません。しかし女性側が5割に対し、男性側は3割と、女性側に色々と原因があることが分かっています。

しかし広い意味でとらえると、不妊症の原因は実はそれほどよく分かっていないのです。

原因は実際よくわかっていないことが多い

また原因は1つとは限らないので、複数ある原因を特定するのは難しいとされています。

女性の場合は排卵に問題がある、着床することができない、子宮内膜症を患っている、年齢的にも卵子が老化していて受精卵とならない、精子が子宮管内に入らないという点もあります。

このように女性側ですらたくさん要因があるのに対し、これ以外にもストレスや食生活、生活習慣などを合わせると本当に原因が多岐にわたってしまうので、殆ど特定は不可能とされています。

原因不明の不妊、と呼ばれる場合もありますから、不妊症である限り、治療をしようとは思っていても、「原因が分からなければどうしようもないのでは?」と考える夫婦も多いのです。

そこで赤ちゃんを諦めてしまう人も多く、子供が徐々に少なくなっていきます。

不妊症であるかどうかのチェック方法

実は不妊症であるかどうか、クリニックでしっかり判断することが可能となっています。

問診によって年齢、結婚年数、不妊の期間や初経がいつあったか、妊娠の中絶や流産などを経験していないかなど、細かく問診されることとなります。

聞かれるとちょっと嫌だな、と感じる人も多いと思いますが、本当に不妊症なのかどうかチェックすることができるのなら、正確に答えていきましょう。

その後、ホルモン検査、内診や超音波検査や子宮卵管造影をし、子宮内部に問題があるかないか検査を行っていきます。

検査の前日に夫婦生活を行い、もしくは当日に行い、膣内の液体や子宮内液などを調査することもあります。もちろんこのような検査は男性にもありますから、パートナーも嫌がらずにしっかり検査をうけましょう。

kensa

女性だけの問題ではなく男性不妊というものもある

不妊症は女性側だけの問題ではありません。男性側にも不妊の可能性がありますから、チェックしておくとどう治療を開始したらよいかが分かります。

恥ずかしかったり痛いと思う検査もありますが、不妊治療のために必要な検査なので、パートナーと是非受けるようにしましょう。

不妊症の治療はつらくて長い、痛い、という時代は終わりを迎え、実際早期発見により不妊症が改善したり、治るケースも増えてきています。

時間やお金ばかりかかると言われていたのが現在では異なりますから、まずは不妊症であるかどうかの検査を受けてから、不妊治療を始めることが有効でしょう。

男性側不妊の場合も、同じく最先端の治療を受けることができますから、不妊率を少なくすることができます。妊活サプリ